【頭痛薬・痛み止め】妊活中のよりリスクの低い薬・安全な服用方法を教えます。

投稿: 更新:



こんにちは薬剤師の齊藤です。

今回のテーマは 妊活中の市販薬について


・より安全な頭痛薬について
・湿布薬は問題ないの?

 

前半部分でより安全な頭痛薬の服用方法について

後半部分では、湿布薬は安心して使用してよいのかお教えいたします。

 

安全な解熱鎮痛剤(頭痛薬・痛み止め)は「アセトアミノフェン」


今回のコラムからは、それぞれの効果の区分ごとに見ていきます。

まずは頭痛薬や痛み止めについてお話していきます。


解熱鎮痛剤は頭痛以外にも、熱を下げる目的や生理痛、腰痛、肩こりの時の痛み止めとして広く使用されます。

この中で、一番安心といわれているのが、「アセトアミノフェン」です。


アセトアミノフェンは、処方箋医薬品では赤ちゃんの解熱薬として使用される安全性の高い成分です。

また、妊娠中も使用されることが多い医薬品となります。

市販薬には、有効成分名(アセトアミノフェンなど)は箱の裏側に書いてあることが多いので、ぜひ箱の裏側をチェックしてみましょう。

 
慎重に使用すべき頭痛薬・痛み止め
 【慎重に使うべき痛み止め】  【安全性の高い痛み止め】 

・ロキソプロフェン 

・イブプロフェン 

・アスピリン 

など 

アセトアミノフェン 

慎重に使うべき痛み止めはNSAIDsといわれる左欄の痛み止めになります。

 

左欄のNSAIDsは痛み止めの作用については一般的に「アセトアミノフェン」よりも優れているといわれていますが、安全性を考えるなら、まずはアセトアミノフェンを使用することを推奨いたします。


継続的に頭痛が続く、アセトアミノフェンでは効果が薄い、腰痛があるなど服用を繰り返す場合は受診して、先生と相談しながら服用することをお勧めします。
処方箋により、アセトアミノフェンの用量を増やす、より安全性の高い医薬品を選択してくれるなど、市販薬で対応できないことも可能になります。

 

薬を飲んでしまった時の対処法

基本的には、左欄の鎮痛剤を症状があるときに。1回、2回程度使用したから、なにかしらの影響が出る可能性は低いので、飲んでしまったことをそんなに気にすることはないでしょう。 (かつ、もう取り返せないので次回から気を付けましょう!!)  


左欄の痛み止めはリスクを考えると使用を控えたい薬ではありますが、リスクが高く本当に避けたい時期は、『妊娠後期』になりますので、妊娠の可能性がある段階では、直ちに何か起きる可能性は低いと考えます。

 

妊活中でも「無水カフェイン」は大丈夫?なんとなくダメなイメージが・・・・

痛み止めや風邪薬に入っている、「無水カフェイン」は発熱・頭痛・その他の痛み・鼻炎症状を和らげる目的で含まれています。


「カフェイン」という言葉からあまりとりたくないと思ってしまうかもしれませんが、医薬品の中では安全な成分ですので、あまり無水カフェインについては気にしなくてもよいです。

湿布の痛み止めも注意が必要です!「サリチル酸メチル」がもっとも安全!



湿布には安全なイメージがありますが、実は注意が必要です。

痛み止めの湿布も主なものは痛み止めの左成分ですので、妊娠の後期にリスクが高いので妊活中ではさほど影響ないかと思いますが、リスクを避けるのであれば右欄「サリチル酸メチル」が一番安全です。

 

内服同様に左欄NSAIDsを使用するのを避けた方が無難になります。

【慎重に使うべき湿布薬】  【安全性の高い痛み止め】 
 

・ロキソプロフェン 

・インドメタシン 

・フェルビナク 

・ジクロフェナク 

・ケトプロフェン 

・サリチル酸メチル 


サリチル酸メチルは安全な分効果が弱めの湿布薬になります。


もし効果が弱ければ、次は、「ロキソプロフェン」か「インドメタシン」を有効成分とする湿布を使用しましょう。


「フェルビナク」、「ジクロフェナク」、「ケトプロフェン」は可能な限り避けて頂きたいです。

まとめ



妊活中はあまり過敏にならず、頭痛時など必要な時に服用して構いません。

頭痛薬・痛み止め・解熱剤で一番安全と言われているのは「アセトアミノフェン」ですので、まずはこれを試してみてください。

不安であれば、ぜひお近くの薬剤師に相談してみましょう。

次回は、花粉症、咳止めについて解説します。

ふたり妊活 妊活 妊活中の薬 新着

← 古い記事 新しい記事 →

※本ページに掲載されているコラムの情報については、薬剤師による助言や評価、意見等を掲載しております。
※当社内において掲載内容に不適切な表記がないか、あらかじめ確認を行っておりますが、医療及び健康管理上の事由により、その内容の正確性や有効性などについて何らかの保証をできるものではありません。皆様ご自身の判断にてお読みいただき、参考にして頂ければと思います。
※掲載されているコラムの情報は、執筆時点での情報であり、掲載後の状況により、内容の変更が生じる場合があります。この場合、予告なしに変更する場合があります。
※読者の皆様に生じた何らかの損失、損害等について、当社は一切責任も負うものではありません。