妊活する前に受けるべき検査項目は?費用や検査を受ける必要性を解説。

投稿: 更新:

こんにちは薬剤師の齊藤です。

今回は妊活前の婦人科健診ブライダルチェックについてはなしていこうと思います。

なぜこの検査を結婚前に受ける必要があるのか理解できないという声もあり、今回は妊活前の検査にクローズアップして説明していこうと思います。  


なぜ妊活前に検査する必要があるの?男性も受けなければいけない?


妊活を始める前に受ける健診としては、婦人科健診ブライダルチェックなどがこれに当たります。

妊活前の健診が必要な理由としては大きく2つあります。

妊娠を妨げる大きな原因がないかを調べるためそして、避妊をしないことからパートナーや赤ちゃんを感染症から守るためという2つの意味があります。


検査を受けるタイミング

体調などが気になったり、赤ちゃんへの強い願望があるのであれば、妊活を考えた段階で1度検査を受けてみることをおすすめいたします。

治療の必要性の有無や妊活した方がよいことなどもわかりますので、大切な検査であると思います。

これを受けて一旦、問題ないようでしたら特殊なことをせずに、まずは通常の妊活を実践していけばよいとわかるでしょう。

費用の相場は2~5万円くらい

ブライダルチェックも婦人科健診も検査の項目によって値段が変わってしまいますので、プランによりますが、概ね2~5万円くらいが相場です。

また、基本的にブライダルチェックや婦人科健診は自費となります。イメージとしては、自覚症状がない困ったことがない時の検査は自費となります。

しかし、何かしらの症状がある、困ったことがある場合には、その部分に関しては保険診療として検査できる場合がありますので、その旨先生に伝えるようにしましょう。

夫婦で検査を受ける必要性あり。男性も検査が必要

男性にも不妊の原因はあります。WHOの調査では、約半分は男性に起因するといわれているため、男性も検査を受ける必要があります

また、感染症の観点からも、どちらか1人だけが検査して陰性となっていても、パートナーが潜在的なウイルスや菌をもっている場合はパートナーに移してしまいますので、やはり女性だけでなく男性も検査を受けることに価値があると思います。


妊活前の検査で実施する項目のまとめ




参考例として検査項目とそれがなぜ調べる必要があるのかをまとめてみました。


超音波検査(エコー検査)
リアルタイムで体内の観察ができるため、子宮や卵巣の状態、卵胞の数や大きさ、子宮内膜の厚みなどを知ることができます。 また放射線ではないので、被爆の心配もなく、安心して検査を受けることができます。

検触診・膣鏡診
膣内を直接触り、子宮の大きさや位置、硬さを確認し筋腫が無いかを調べます。 クスコを使用することで、膣の壁や子宮の入口を確認できます。子宮の入口のポリープやびらんの有無調べます。

HPV検査
子宮頸がんの発症原因は、HPV(ヒトパピローマウイルス)の感染が大多数を占めており、HPVは性交渉のある人なら誰でも感染の可能性があるため、子宮頸がんのリスクを見つけるために調べます。

性感染症検査(クラミジア・梅毒・HIV)
クラミジア感染の経験があると卵管性不妊症のリスクがあがってしまいます。 梅毒は赤ちゃんにに感染すると流早産や先天梅毒の危険性たかります。 HIV陽性の場合、赤ちゃんへのウイルス感染を防ぐために治療する必要があります。 赤ちゃんと共にパートナーにも感染させないように検査受けておく必要があります。



液検査項目

貧血検査(Hb)
血液の量が不足していると子宮や卵巣に影響が出てしまいます。また、妊娠中期からは大量に血液が必要になるので、不足している人は鉄分の補給などの対策が必要な場合もあります。

糖尿検査
血液中に糖分が多いと、排卵障害、月経不順が起こりやすくなります。

風疹・麻疹抗体検査
妊娠中に感染してしまうと胎児に感染し、胎児に障害が残ってしまう場合があります。また、妊娠してしまうとワクチンが打てなくなってしまうため、あらかじめ調べておきます。

甲状腺ホルモン検査
不妊、流産や早産、妊娠中のトラブルが増えるリスクがあります。(低下している状態だと、流産のリスクが増えるともいわれております。)

B型肝炎検査
赤ちゃんへの感染を防ぐために、出産時に胎児への感染対策が必要となりますので知っておく必要があります。



オプション

卵巣予備機能検査
卵巣の中にどれくらい卵子が残っているかを調べる検査です。自分に妊娠できる期間があとどの程度あるかを知ることができます。

ホルモン検査
妊娠に関するホルモンの値が正常かを調べます。 月経の周期によってホルモンは変化するため、生理の前後に計測して排卵の有無や黄体機能不全について調べます。

がん検診(子宮体がん・子宮頸がん・乳がん)
これらのがんは女性特有のもので、妊娠に影響があります。 がんは発見が遅いと摘出する必要が出てくるため、早期発見が非常に重要となります。 また、乳がんは治療に使う抗がん剤が赤ちゃんによくないため、治療中は妊娠しづらい環境となります。

抗精子抗体検査 (精子不動化試験)
抗精子抗体は、子宮や卵管で精子の運動を止めたり、受精を邪魔する働きをするため、自然妊娠が難しくなり、不妊の原因となります。 陽性の場合には、体外受精も一つの選択肢となりえます。

おりもの検査
卵管性不妊症の原因となるクラミジア・マイコプラズマ・ウレアプラズマなどの細菌がいないかを調べます。



※検査項目については、診療所などによって異なりますので参考としてください。
 

オプションではない項目は、概ねどこの健診にも含まれている内容であり、また実施した方がよい項目でもあります。

基本的にはこのベーシックなところでよいと思います。


オプションで項目を追加するか迷ったら


婦人科健診ですと、問診、内診、触診などを実施してから検査を行っている診療所もあるようですので、基本的には先生の指示に従ってすればよいでしょう。

ブライダルチェックの時はあらかじめ不安な要素は話しておけば、適切なアドバイスがいただけると思います。



卵巣予備能検査(AMH検査)は30代後半~


最近少しずつ認知度が高くなってきたこの検査は、卵巣の予備機能がわかります。

この検査は不妊の原因を検査するものではなく、イメージでいうと、後どのくらいの期間排卵が起こるものか検査となりますので、今後の妊活の指針を立てるのに有効な検査となります。

したがって、若い20代などは実施する必要性は少なく、30代後半くらいからオプションとしてつけるのがよいのではないかと思います。

 

がん検診は定期的に受けていないのであれば受けた方がよい


女性特有のがんは、20代後半~30代・40代に多く見られるため、進行が早かったり、ちょうど出産の時期とかぶってしまいます。

早く見つかれば、見つかるほどいろいろな選択肢が残されていますので、定期的に受けていない方はこれを機会に受けた方がよいと思います。

また、子宮頸がんや乳がんは地方自治体で健診チケットを発行しているところもあるようです。手元に受診券がある人はそちらを利用してください。



まとめ

あらかじめ検査をしておくことで、妊娠中の出産時の思わぬトラブルの原因をつぶしていくことができます。

また、がん検診に関しては多角的に定期的に受けた方がよいと思います。ひと昔前と比べると早期がんに使用できる非常に良い抗がん剤も出てきておりますので、早期発見が非常に大切と覚えてほしいです。

健診を受けるにあたりもちろん費用も掛かる話なので強制はできないですが、最低限でも構わないので、一度受けられることをおすすめします。

ふたり妊活 セルフタイミング法 タイミング法 妊活 新着 検査 男性の妊活

← 古い記事 新しい記事 →

※本ページに掲載されているコラムの情報については、薬剤師による助言や評価、意見等を掲載しております。
※当社内において掲載内容に不適切な表記がないか、あらかじめ確認を行っておりますが、医療及び健康管理上の事由により、その内容の正確性や有効性などについて何らかの保証をできるものではありません。皆様ご自身の判断にてお読みいただき、参考にして頂ければと思います。
※掲載されているコラムの情報は、執筆時点での情報であり、掲載後の状況により、内容の変更が生じる場合があります。この場合、予告なしに変更する場合があります。
※読者の皆様に生じた何らかの損失、損害等について、当社は一切責任も負うものではありません。