2022年不妊治療の保険適応についてわかりやすく解説します。

投稿: 更新:

こんにちは薬剤師の齊藤です。

2022年の4月から不妊治療の保険適応の範囲が広がりましたね。

新しく保険適応になり変わった項目について今回はお話していきます。

風邪、頭痛などの治療とは少し違い、治療の進め方や方針を医師と一緒に決めていくことから、もともとの助成金制度と同じように、患者さん自身が保険適応の内容についてもある程度理解しながら利用していく必要があります


不妊治療が保険適応となった内容




もともと不妊治療の原因探索のための検査や原因疾患への治療については保険の対象でありました。

2022年4月から新しく適法が拡大した項目は、

一般不妊治療の
タイミング法」「人工授精」と、

生殖補助医療の
体外受精」「顕微鏡受精」「顕微授精」「男性不妊の手術

が新しく追加になりました。



また、助成金と同様に事実婚などでも今回の保険も適応となります。

病院で事実婚関係について確認されたり、書類を求められることがありますので、頭の片隅に入れておきましょう。

タイミング法、人工授精は上限なし。体外受精は年齢制限、回数の上限あり。


気になるのが年齢制限や利用できる回数ですが、タイミング法や人工授精は回数などの制限は設けていないです。

体外受精はこれまでの助成金制度と同じ年齢に応じた制限となります。

年齢制限
治療開始時において
女性の年齢が43歳未満であること

初めての治療開始時の
女性の年齢
回数制限/回数の上限
(1子ごとに)
40歳未満 通算6回まで
40歳以上43歳未満 通算3回まで

 

保険適応となり負担額はいくら?通常3割です。


保険適応の窓口一部負担金は通常3割です。

ただし、窓口の一部負担額の割合は、一律ではなく各々の申請している内容によって変わってきます。いつも各自負担している診療費の負担割合と同じ割合となります。

タイミング法 1回2000~5000円くらい

月1回受診が原則。超音波検査は月1回まで

人工授精 3割負担:5460円

これに再診料や薬剤料、管理料などが加わり、概ね8000~9000円くらいとなりそうです。(これまでは自由診療で1回3~5万位が相場でした。)

体外受精 3割負担でも10万円程度

以前の自由診療では50~60万くらいが相場でした。保険適用となり、だいぶ費用が抑えられましたが、それでも一般的には高額な治療となります。

保険適用で体外受精を実施する場合は、「高額医療費制度」を利用してください。負担額が抑えられる場合があります。

男性の精子検査は保険適応なの?


新しく追加になった項目として、精子検査は入っておりません

ただしもともと、不妊治療の原因探索のための検査は保険適応なので、不妊治療の原因探索の目的で検査した場合は保険が適応されます。

ただし、ブライダルチェックや妊活する前の婦人科健診など、希望により検査を実施する場合は、保険適応外となります。ここは受診の目的により変わってきます。

不妊治療が保険適応に伴う素朴な疑問。助成金はどうなる?自費診療と一緒にできる?



よくありそうな疑問や質問についてまとめてみました。

助成金を受けていた人は、回数の制限はかわるのか?

保険が適応になった項目につきましては、助成金はなく、保険診療へ切り替えとなります。

助成金と保険診療での利用回数は通算されません。
保険適応されてからのカウントされます。

自費の治療項目を組み合わせることはできるのか?

保険診療では原則、自由診療の内容と保険適応の内容を一緒に受けることはできません

一般的には、一部でも自費の項目を組み合わせるとすべてが自費となってしまいます。ただし、一部の項目について保険診療と一緒にできる内容として認められているものもあります。よく耳にする「先進医療」項目はその一つです。

不妊治療でも先進医療に該当する項目は保険診療一緒に自費として実施できることがあります。 

申請
技術名
技術の概要
PICSI ヒアルロン酸を含有する培地を用いて、成熟精子の選択を行う技術
タイム
ラプス
培養器に内蔵されたカメラによって胚培養中の胚を一定間隔で自動撮影し、培養器から取り出すことなく、正確な胚の評価が可能となる技術。
子宮内
細菌叢検査
(EMMA
/ALICE)
子宮内の細菌叢が、正常であるのか、異常であるのか、 またその菌の種類 の組成を判断する検査。
SEET法 胚培養液を胚移植数日前に子宮に注入し、 受精卵の着床に適した環境を作 り出す技術。
子宮内膜
受容能検査
(ERA)
子宮内膜を採取し、次世代シークエンサーを用いて遺伝子の発現を解析し、 内膜組織が着床に適した状態であるのかを評価する検査。
子宮内膜
スクラッチ
胚移植を行う予定の前周期に子宮内膜のスクラッチ (局所内膜損傷を与える)を行い、翌周期に胚移植を行う技術。
IMSI 強拡大の顕微鏡を用いて、成熟精子の選択を行う技術。
二段階
胚移植法
先行して初期胚を移植し、後日、 継続培養を行った別の胚盤胞を移植する 技術。



現在ではこの項目が併用できる内容となります。
先進医療として併用できる内容は変わりますので、詳しくは受診している医療機関に確認してください。

また、すべてのクリニックでできる項目ではありません。
※先進医療は自費となります。保険適応ではありません。

まとめ



不妊治療が保険適用になったことにより一般的には金銭面的にも安く、多くの方にとって利用しやすい制度になりました

ただし、治療方法が以前より画一的になってしまう、自由診療項目と併用できない、使用できる薬に限りがあるなどのデメリットも実はあります

よりパーソナライズされた柔軟な治療を求める場合は、従来の自由診療を受けた方がよいかもしれません。


■参考資料
不妊治療に関する取組 |厚生労働省

ふたり妊活 セルフタイミング法 タイミング法 妊活 新着

← 古い記事 新しい記事 →

※本ページに掲載されているコラムの情報については、薬剤師による助言や評価、意見等を掲載しております。
※当社内において掲載内容に不適切な表記がないか、あらかじめ確認を行っておりますが、医療及び健康管理上の事由により、その内容の正確性や有効性などについて何らかの保証をできるものではありません。皆様ご自身の判断にてお読みいただき、参考にして頂ければと思います。
※掲載されているコラムの情報は、執筆時点での情報であり、掲載後の状況により、内容の変更が生じる場合があります。この場合、予告なしに変更する場合があります。
※読者の皆様に生じた何らかの損失、損害等について、当社は一切責任も負うものではありません。