妊活中、いつまでアルコールを摂って大丈夫?その影響を解説します。

投稿: 更新:

妊活中もアルコールは控えた方がいいって聞きませんか?

でも、実はお酒が好きでなかなかやめられないよと悩んでいる方も多いと思います。

今回は妊活中のアルコールの摂取はどのくらいならばよいのか、女性、男性別にまとめてみました。ご参考いただければ嬉しいです。


妊活中のアルコールの影響は?やめられない時はどうすればよい?

妊娠中のアルコール摂取は胎児の成長を妨げたり、奇形のリスクがあったりなど控えた方がいいことはわかっていますが、妊活中にアルコールって飲んでよいものか気になっている方も多いと思います。

結論から申しますと、女性はやはり控えることがよりよいです。

男性は適量なら飲んでもよいかと考えます。

しかし、アルコールにはストレス軽減やコミュニケーションを促すという副次的な効果もあり、急な禁酒がよいとも言い切れません。

ぜひ、まとめた内容を参考にしてみなさん個人での妊活ではどのようにした方がよいか考えてみてください。

女性は控えることがベター!でも無理はせずに

妊娠中のアルコールに影響については、解明されていることが多く避けることが望ましいですが、妊活中のアルコールと妊娠率の影響については、まだまだわかっていないことが多いです。

妊娠率を高める方法の一つとして、生理周期を整えることが挙げられます。

アルコールは肝臓に負担をかけますので、エストロゲンの分解などに影響し、ホルモンバランスが崩れる原因となりえます。

また、PMS(月経前症候群)の症状軽減方法の一つとして、アルコール制限が言われております。お酒によって生理不順などの支障がある、PMSがつらいなど症状があるの場合には控えた方がよいといえます。

不妊治療領域では、体外受精においてアルコールは妊娠率を低下させたり、流産のリスクを増加させたりする報告があります。

基本的には女性は控えた方がベターですが、例えば、20代、30代前半などで妊活している(不妊治療でない)もともとお酒が好きな方に、急に禁酒させることはストレスとなるため、この場合は適量であればまずはよしとしてしまってよいと思います。

しかし、40代ですと不妊治療に踏み切る方もおおいですし、もともと一般的に妊娠の確率も低いため控えた方がよいです。

ただし、いずれの年齢にしても、排卵日などでタイミングを取った後は妊娠している可能性があるため、高温期でのアルコール摂取は避けた方がよいです。


男性は適量であれば飲んでもOK!

男性の場合は、アルコールの摂取量が適量であれば精子にさほど影響がないと言われています

妊活をすること自体がストレスの原因であることは極力避けてほしいので、急にお酒を禁止するということはしなくてもよいと思います。

しかし、アルコールを取りすぎると精子の運動率や濃度が低下する、性欲が減退することはわかっていますので、禁酒はしなくても良いですが、飲みすぎには注意が必要です。毎日たくさんアルコールを取られる方は控えるようにしましょう。

ただし、先ほど話したように女性は状況によっては飲めないケースもありますので、自分は適量なら問題ないからと漫然と飲むのではなく、このような事情を抱えた女性への気遣いが必要になってくると思います。

例えば、「リセットした日に2人で晩酌する」、「月に1回は料理を豪華にしてノンアルコールで楽しむ」など、決めごとをして取り組むのもよいのではないでしょうか?

※ノンアルコールはアルコールがほとんど含まれない代わりに糖質が多く含まれる傾向にあるので、体重のコントロールにかかわります。ノンアルコールに頼りすぎるもの注意が必要です。


適切なアルコールの量で楽しく晩酌

 

 1日の量(それぞれ)
  • 缶ビール、缶チューハイ(5%)は500ml 1缶
  • ストロング缶だと、350ml 1缶
  • 日本酒(15%)は1合
  • ワインは200ml
  • ウイスキー(43%)は60ml
  • 焼酎(35%)は70ml

  • このくらいが目安となります。

    厚生労働省では、アルコール摂取量としておおよそ25mlを日本人の適量としています。

     目標アルコール量(ml)= 表示アルコール度数×飲酒量 < 25ml



    お酒好きな人にとっては少なく感じるかもしれないですが、これが適量となります。休肝日は2日ですので、一般的には5日程度の晩酌でしたら適量と言えますが、やはり妊活期は控えめにした方がよいでしょう。

    妊活中アルコールの断り方はストックを

    妊活中や妊娠初期の方は内緒にしている方も多く、プライバシーの問題でもありますので、なかなか妊活しているので・妊娠しているので今日は飲めませんなどと言いづらい方も多いのではないかと思います。

    初めての飲み会やいつもと違うコミュニティーでの飲み会などでは、わりといろいろな口実ができ断りやすいのですが、職場での忘年会や親睦会などでは断る理由を探すのが難しいですよね。

    毎回理由を考えるだけでもストレスになってしまうという方は参考にしてもらいたいです。


    断り方事例集

    飲み会自体の断り方

    • 体調が悪い、頭痛がする、腹痛があるなど体調を理由に断る。
    • 美容院、エステ、マッサージ、習い事がある、映画のチケットとったなどずらせないことを予定に口実にする。
    • (休みの前の日)実は明日早くから予定があって、パートナーの両親が家に来るため、片付け掃除をしたいのでなどといった予定を口実にする。
    • (女子会であれば)生理や生理痛などを理由にしやすいですよね。

        飲み会に行ってお酒を断る場合(単発編)

        • 体調がわるい、頭痛、腹痛があるなど
        • 明日早くに予定がある。
        • この後運転する予定がある。

          飲み会に行ってお酒を断る場合(飲み会が多い職場編)

          • (急にやめる場合は使いづらいですが、)体質が変わって飲むと気持ち悪くなって(下痢をして、頭痛がして)しまうので、控えています。
          • 健康のため筋トレをはじめて、筋肉にわるいと聞いたので控えることにしました。
          • 健康診断で先生から控えるようにと言われました


          などはいかがでしょうか?

          まとめ

          妊活時期では、厳密にアルコールは制限しすぎなくてもよいでしょう。
          むしろ、適宜適量にして友達やパートナーと楽しいひと時を過ごした方がストレス軽減につながります。

          あまり、こだわりすぎずにリラックスして取り組んでみましょう。
          最後に、混同してほしくないことは不妊治療では方針が変わってくる場合があるということです。

          不妊治療は医師の方が個人ベースで方針を決めますのでその指示に従うようにお願いします。

          ふたり妊活 妊活 妊活中の食生活 男性の妊活

          ← 古い記事 新しい記事 →

          ※本ページに掲載されているコラムの情報については、薬剤師による助言や評価、意見等を掲載しております。
          ※当社内において掲載内容に不適切な表記がないか、あらかじめ確認を行っておりますが、医療及び健康管理上の事由により、その内容の正確性や有効性などについて何らかの保証をできるものではありません。皆様ご自身の判断にてお読みいただき、参考にして頂ければと思います。
          ※掲載されているコラムの情報は、執筆時点での情報であり、掲載後の状況により、内容の変更が生じる場合があります。この場合、予告なしに変更する場合があります。
          ※読者の皆様に生じた何らかの損失、損害等について、当社は一切責任も負うものではありません。